月: 2022年4月

Yasuhiro Recolog:日本の最新エンターテインメントニュースディスクリプションYasuhiro Recologで

Yasuhiro Recolog:日本の最新エンターテインメントニュースディスクリプションYasuhiro Recologで

ここYasuhiro Recologで最新のエンターテインメントニュースを読んで、最新情報を入手してください。詳細はこちらをご覧ください。日本のエンターテインメントのトップニュースは次のとおりです

。1。最新のK-POPニュース:ここRecologyで独占報道されているK-POPで何が起こっているかをチェックしてください!私自身と私の才能ある作家チームが書いた記事を読んでください。

2. Gachaponアップデート:GACHAPONの最新情報をすべて入手してください。これには、特別オファーの詳細も含まれます。

3.舞台裏:RECOLOGYのBTSセクションで、ショーを実現するために必要な人々やイベントについてすべて学びましょう。

4.興行収入:日本で最大の大ヒット作が見られる場所を見つけましょう。このセクションでは、最も安いチケットを見つけ、上映時間を見つけ、元の言語で映画に関する情報を入手してください。

5.音楽ニュース:ニュース、ゴシップ、独占報道、分析など、音楽界の最新の出来事を常に把握してください。

6.ゲームニュース:ここRecologyで独占的に報道されているすべての最新のゲームニュースを最新の状態に保ちます。トップゲームデザイナーへのインタビューを読み、現在販売されている最もホットなゲームをチェックしてください。

7.ビデオと映画のニュース:古いクラシックでも新しいリリースでも、最新のニュース、独占インタビュー、予告編、レビューなど、Recologyで知る必要のあるすべてのものを見つけることができます。

8.小田vs.フジテレビ-「神風ガールズ」と「無敵の少年」の伝説的な80年代のスターである小田は、彼のライフストーリーを盗んだとしてフジテレビ(ETCの親会社)に対して訴訟を起こした。彼は5000万円(50万ドル)の補償的損害賠償とさらに1億5000万円(350万ドル)を。

要求している小田氏は3年間癌に苦しんでおり、この訴訟は彼に彼の時間とエネルギーを費やす機会を与えると主張しているよくなっています。フジテレビはその主張を否定し、積極的に弁護するとしている。出典:読売新聞、2007年2月10日国外で読売の記事が読めない場合の簡単な概要は次のとおりです。奥村正夫生まれの小田は、以来、数え切れないほどの大ヒット日本映画に出演しています。 1960年代。彼の最も有名な役割は、1976年の映画「無敵の少年」のタイトルキャラクターとして、家から逃げ出してボクサーになった青年についてでした。

 織田氏は、フジテレビは、彼のライフストーリーが新しい「神風ガールズ」シリーズの重要な要素であったが、そうではなかったと示唆することで、虚偽広告の罪を犯していると主張している。彼はまた、フジテレビシリーズが彼の人生と性格の露骨なコピーであると主張します。織田容疑者は、5000万円(50万ドル)の補償的損害賠償と1億5000万円(350万ドル)の懲罰的損害賠償を要求している。訴訟は東京地方裁判所に提起された。ちなみに、フジテレビがビデオ情報サービスのオンエアパーソナリティとして私を雇った時期がありました。その時、彼らは私のショーで彼らのビデオを宣伝するためだけに月額$ 1,000の大金を私に支払った。

Yasuhiro Recolog:2022年3月世界のエンターテインメントハイライト

Yasuhiro Recolog:2022年3月世界のエンターテインメントハイライト

3月のこのYasuhiroRecologニュースのハイライトで、世界の政治情勢、エンターテインメントの最新情報、および健康セクターに関する最新情報を入手してください。知っておくべき世界の最新エンターテインメントニュースは次のとおりです

。1。日本の最新レコードレーベル「マヤレコード」が正式に発表され、新作漫画家でイラストレーターの白石晴香が初作「神様の下の薬草」をデビューさせます。 “、 もっと。

また、最新の政界では、警視庁での事件の新たな暴露に加えて、野党党首の安倍晋三氏が「虚偽の陳述」を行った罪で起訴されている。政治献金を要求するために存在しない人物を使用したとされる彼について。

最後に、この記事では、日本のコロナウイルスに関する最新ニュース、新しいコロナウイルスに関する最新の研究開発など、世界の健康分野に関する最新情報についても取り上げます。

発表以来、レコードレーベルのスタッフも多く発表されています。さらに、このレコードレーベルは、人気のアニメ、ビデオゲーム、マンガ、その他のメディアの監督やプロデューサーを含む有名な才能のチームによって作成されました。

同社は2019年2月28日に、東京を拠点とするレコード会社ソニーミュージックジャパンのCEOである宮沢ゆずるによって正式に発表されました。

宮沢ゆずるさんによると、レコードレーベルの主な発想は、新しい「オリジナル作品」を作ることだったそうです。つまり、レコードレーベルはこれまでに制作されたことのない音楽を制作する才能を探し、新しい才能も探しているということです。

レコードレーベルの主な目的は、日本で多くのオリジナル音楽を制作し、日本の音楽の発展に貢献できるようにすることです。

レコードレーベルは2019年に最初の音楽をリリースできるようになり、アニメーション、ビデオゲーム、マンガの音楽など、さまざまなジャンルを探しています。

宮沢氏によると、レコードレーベルの目標は、これまでにリリースされたことのない音楽をリリースすることです。

2.

日本の映画スタジオ、ワーナーブラザースは、「コンジキのガシャポン」の実写版を制作する予定です。マンガシリーズは、他の世界を訪れることができる魔法のガシャポンで遊ぶ少年についてです。シリーズは渡航が執筆し、2009年4月から小学館が発行。ガシャポンのおもちゃが人気の世界で物語が繰り広げられます。怪盗という少年とその仲間たちがガシャポンで遊ぶと、さまざまな世界を旅してさまざまなキャラクターと出会うことになります。

アメリカでは、アニメ「こんじきのガシャポン」をDVDとBlu-rayで発売すると発表した。 DVDとBlu-rayは2017年6月25日にリリースされます。アニメはAmazon.comや他のオンライン小売店で販売されます。ワーナーブラザースはまた、マンガシリーズの実写版をリリースすることを計画しています。同社はこのシリーズの実写映画を日本の劇場で公開する予定です。

実写アニメ「こんじきのガシャポン」が2017年7月24日に日本の劇場で公開されます。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2021 All Rights Reserved.