畠山愛理がNHKで初レギュラー出演!レポーターとしての実力は?

 
  2018/07/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!こんにちはyasuhiroです。

みなさんは、ご存知でしようか?元オリンピックの畠山愛理さんを?

彼女は、2012年ロンドン五輪、2016年年リオ五輪に出場した彼女が、4月1日からリニューアルして放送されるNHK「サンデースポーツ2020」(日曜・後9時50分)でリポーターとして初めてレギュラー出演することが決まりました。

トップアスリートでありながらモデルのようなスタイルで美しくも可愛い彼女の事が気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

初リポーターに抜擢された、畠山愛理さんってどんな人?

畠山愛理 レポーター

彼女は、1994年8月16日に東京都多摩市にて生まれる。身長は、170cm体重は、46kg。

最終学歴は、日本女子体育大学です。

彼女は、6歳の時に新体操で使うリボンの美しさに憧れ新体操を始める。が

最初は体が硬く、開脚は90度、前屈は手が足に届かないくらいだった彼女ですが、努力の末1年かけて180度まで開脚出来るようになりました。

新体操に打ち込む彼女でしたが…

2009年に、学校の保健室に行った時に保健室の吉澤先生に「新体操が嫌いになり、辛いし辞めたい。大会出場したくない」と悩みを打ち明ける。

吉澤先生は「新体操を辞める事は止めないけど、新体操の選手が好きな気持ちを取り戻し、新体操愛を持った状態で辞めるなら辞めな。

大会は自分の為に楽しんで踊って来な」と助言してもらいました。

 

自分の為に出なさいと背中を押してくれた事を後の2017年12月に、日本テレビのミニ番組「輝きyell」に出演をしてコメントをしていました。

畠山愛理 女優

畠山愛理

心の温まるエピソードですね♪

 

その後、気持ちを改めて2009年12月、中学3年生の時に、フェアリージャパンオーディションに見事合格。

新体操日本ナショナル選抜団体チーム入りを果たす。オーディション合格からわずか3日後にはロシア合宿に参加しますが…

スマホやパソコンがなく親との連絡が出来ないうえ、ロシア語がわからず不安になり号泣していたようです。

 

2013年には、フェアリージャパンの主将(キャプテン)を務めるほどに成長した。主将は、2014年秋まで務める。以降の主将は杉本早裕吏さんが務める事になる。

 

彼女の美しさの為か、2015年に『ミス日本コンテスト』において著名女性に対して贈呈する特別表彰の「和田静郎特別顕彰ミス日本」の第1号が贈られました。

2016年のリオデジャネイロオリンピック代表に2大会連続で選ばれ、団体8位入賞しました。

しかし彼女は、オリンピック終了後に現役引退を表明しています。

 

彼女は2017年、上原浩治さんが所属するスポーツ選手の芸能活動のマネジメント事務所「(株)スポーツバックス」に入社しています。

この事務所でスポーツコメンテーター・モデルなどの活動を本格的に始めました。

今後は後継者の育成にも尽力するとコメントをしています。ストイックな精神は続いていますね。

 

実生活でもストイックな彼女、先日テレビで彼女を追跡していました。

選手時代に体型を維持する為食べ物を我慢していたのです。が、ある食べ物に出会ってその食べ物にハマったようなんですよ。

その食べ物が、なんとネギ なんですよ。

あのシャキシャキ感がたまらないらしいですよ(笑)

番組では、引くくらいにネギを食べていました。

畠山愛理 ネギ 畠山愛理 ネギ 完食

NHKでの初レギュラー

 

そんな美しい、畠山愛理さんですが2018年の4月からNHKの「サンデースポーツ2020」(日曜・後9時50分)で初のレギュラー出演をします。

そんな彼女は、今後「伝える立場」で活動の場を求めていました。今回、NHKの看板スポーツ番組で念願がかなった形でした。

「現場で学び、見て感じたことを伝えたい」と意欲を見せていると彼女はコメントしています。

2020年の東京五輪を目指す選手らを中心に取材を行い、スポーツ界の現状を伝えたいと意欲を見せています。

同番組には、元「ニュースウォッチ9」のキャスター、大越健介さんがキャスターを務めることになり、入社3年目の副島萌生アナウンサーとコンビを組む。

大越健介 副島萌生

左:大越健介 キャスターと副島萌生アナウンサー

 

レポーターとしての、畠山愛理さんは?

畠山愛理 レポーター

でわ、畠山愛理さんのレポーターとしての実力はどうでしょうか?

実は彼女は、昨年イタリア・ペーザロで開幕する新体操世界選手権で初のリポーターを経験しています。

当時の記憶では、しっかりとレポートしていたと思います。

 

彼女は、選手の時とは違う緊張感があってとても楽しみだといっていました。また、今までずっと一緒に練習してきた仲間と、リポーターとして関われることもうれしいです。と、

新体操を知らない方々にもお話を聞いて、それを踏まえたうえで、皆さんに新体操の魅力を伝えられるように努力するとコメントしています。

選手からは、『もっと新体操を広めてね』って言われたとのこと、今でもみんなとは仲がすごく良く、会いに行くと必ずハグをするそうですよ。(羨ましい〜)

元選手だから、突っ込んだことも聞けそうですね。そして、美しさを武器に男子選手なんかは、色々喋ってくれそうですね♪

まとめ

畠山愛理

いかがでしたか、元フェアリージャパンの畠山愛理さんが、NHKで初レギュラーでレポーターを務める事になったということを書いてみました。

これからの、畠山愛理さんの活躍を期待して応援していきたいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.