コードブルー映画の撮影開始はいつ頃?主題歌を予想してみました!

WRITER
 
映画 コード・ブルー
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、yasuhiroです。

みなさん、ドラマ『コード・ブルー』をご存知ですか?この『コード・ブルー』が、2018年7月27日に映画『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命(仮)』として公開予定なんです。

山下智久さんや新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さん、新木優子さん、成田凌さん、有岡大貴さん、馬場ふみかさん、椎名桔平さんら超豪華キャストが出演した人気シリーズの映画版ということで話題になっていますね。

 

そんな人気の『コード・ブルー』の映画について、あらすじや、キャスト、主題歌などを予想してみました。

スポンサーリンク

 

映画『コード・ブルー』のキャスト陣を予想してみる。

コード・ブルー 相関図

 

まずは、キャスト陣を…

*藍沢 耕作:山下智久:はトロント大学への留学が決まった。

*白石 恵:新垣結衣:は自分にしかできないやり方で緊急救命チームを率いると決意した。

*緋山 美帆子:戸田恵梨香:は産科医に戻るはずだったが、最終回の言動で緊急救命に残る?

*冴島 はるか:比嘉愛未:は救命を離れる決意をした。

*藤川 一男:浅利陽介:は瀕死の重症を負ったが命を落とさずに済んだ。

*橘 啓輔:椎名桔平:は部長となり仕事が現場への出動からICUでの勤務が多くなる。

*三井環奈:りょう:は子供の命が少ないために休職をする。橘先生の妻である、一度離婚したがコードブルー3を見ていると復縁したように思える。

*梶久志:寺島進:はシーズン3で出演回数が減りそのままフェードアウト?(映画では、出演お願いします。)

*西条章:杉本哲太:は脳外科部長となり、藍沢やライバルの新海広紀(安藤政信)の成長を後押しをしていた。

そして、今回登場した新人組も絡めてくるのも予想できます!

*名取 楓馬:有岡大貴(Hey! Say! JUMP):は名取総合病院に戻らず、翔北病院で救命に残る決意をした。

*灰谷 俊平:成田凌:は救命でできる手応えを感じた。

*横峯 あかり:新木優子:は救命メンバーを助けられなかった後悔を胸に、成長を誓った。

*雪村双葉:馬場ふみか:もナースとしての自身がついてきた。

そして、なんと言っても、黒田先生(柳葉敏郎さん)の再登場を期待しています♪

シーズン1で、事故現場での負傷者への手当の最中、黒田先生は右腕を失っていますが、頼れる助言役としての再登場を期待しています~!!

 

映画「コード・ブルー」の撮影開始は、昨年の11月から始まっているそうです。個々ではすでに、オールアップ(撮影終了)されている方もおられるようです。

 

スポンサーリンク

これまでの、あらすじ。

 

救急現場にいち早く到着し、重傷の患者たちを救う医者を乗せるドクターヘリ。翔陽大学付属北部病院の救命センターでは5人の若者たちが苦しみ、もがきながらも負傷者達を救っていた…

 

あれから10年、翔北救命センターでは白石恵がフライトドクターのリーダーを務め、冴島はるかはフライトナースのエースとなり、藤川一男は整形外科専門の救命医と成長した姿で医者として活躍している。

一方、藍沢耕作は救命センターを離れて脳外科医として医者としての技術を磨いていた。また仲間と共にフライトドクターを目指していた緋山美帆子は周産期医療センターで産婦人科医としての道を進んでいた。

かつて若手医師として救命センターでフェローシップで共に学んだ5人だった彼ら…それぞれが成長している。

 

そして、人不足により藍沢と緋山が救命センターに戻ることになる。厳しくも優しい先輩たちに教えらえれたように、今度は藍沢や白石たち5人が医療を教える立場になった。医者としての仕事や出世、妊娠、重病の子供。命と真剣に向き合っていく5人は未熟な新人たちを引っ張りながら、厳しい現場に向かっていく。

 

危険に巻き込まれた藤川は救急から離れようとするも、ついに結ばれた冴島と一緒に現場を続ける。緋山も産婦人科医には戻らず、白石はリーダーとして自分なりの救命を作っていく決意を固める。

 

そして……。藍沢は医者としての技術を、今以上に高めるため、トロントへと旅立つ。

 

その後を映画が引き継ぐ形かな、ここからは、予想ですよ!

藍沢のトロント大学の生活から始まり、急に日本に帰る用事ができる。→ そして、事件、事故に巻き込まれて、かつての仲間が再び集合!個々の力を発揮するんじゃないかな~と。

・・・という胸が熱くなる展開を希望していますね~!!

 

スポンサーリンク

 主題歌はやっぱり……Mr.ChildrenのHANABI で!!

 

映画版の主題歌はまだ発表されていませんが、Mr.Childrenが再び楽曲を提供するとなれば、ドラマでの雰囲気を引き継ぐことができるのではないでしょうか?

このシーズン3は、映画を前提で作られていたりしているのでは、と私の意見です。主題歌はこのドラマが始まった時からずっとMr.Childrenの『HANABI』だと思います。というか、『HANABI』にして下さい。

 

映画館で、『HANABI』がかかるとたぶん鳥肌が立ってしまうかもしれません。映画用にあえて作らずにTVの時と同じようにお願いします。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この『コード・ブルー』の映画では、主役が誰になるのか、ファンの間でも藍沢先生だ、とか白石先生だとか色々な意見が出ています。最終回では、藍沢先生が負傷をして「最後の最後で活躍しない主役」とか「くそ展開」と批判の声もあったようですが、私は別にこのコード・ブルーに関しては、みなさんが主役だと思っています。

映画版のストーリーは現在明かされていませんが、ドラマ版以上のスケールのある展開が待ち受けていると思います。

あと、映画の監督と脚本はシーズン3からの続投で監督西浦正記さん、脚本を安達奈緒子さんと決まったようです。

 

映画でも、ここの個性を生かしたストーリー展開をお願いします。

映画コード・ブルー 

 

それでは、此処まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.