原田知世・可愛い奇跡の50歳!結婚は?姉の貴和子の現在は?

 
WRITER
 
原田知世 tomoyo harada
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!おはようございます、yasuhiroです。
みなさん、原田知世さんを、ご存知ですか?

私とほぼ同世代の彼女2018年4月のNHK 朝のドラマ「半分 青い。」で、萩尾律のお母さん役で出演されていますね。

最初観た時は、「あれ、原田知世さんだ!」と思いました。

最近はあまりテレビを観ないので久しぶりに観る、彼女の変わりない姿にビックリしました。50歳ですよ!(すいません。)

そんな、原田知世さんが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

原田知世さんってどんな人?

原田知世 tomoyo harada 女優

彼女、原田知世(はらだ ともよ)さんは、1967年11月28日生まれの50歳(2018年4月現在)。

長崎県長崎市のご出身、身長160cmで血液型はA型。現在は、女優、歌手として活躍中。

元夫は、イラストレーター・アートディレクターのエドツワキさんです。(2005年 – 2013年、離婚)

兄姉には、14歳上のお兄さん、10歳上のお姉さんと2歳上のお姉さんがおられ2歳上のお姉さんが、女優の原田 貴和子(はらだ きわこ)さん(52歳・2018年4月現在)です。

原田貴和子 女優 kiwako harada

お姉さんも、変わらずお綺麗ですね。

私の原田知世さんのイメージは、1982年7月『セーラー服と機関銃』で、ドラマに主演デビュー。んっ、『セーラー服と機関銃』といえば薬師丸ひろ子さんのイメージがありますが、あちらは映画でしたね。

勘違いしていました。

また、翌年1983年には『時をかける少女』でも主演を演じられていました。

時をかける少女 原田知世 tomoyo harada

*原田知世さん

彼女の芸能界入りの気かけは、当時14歳の彼女は大ファンだった真田広之さんに会いたいという思いがありそんな時に「角川・東映大型女優一般募集」のオーディションに。

真田広之 俳優 hiroyuki sanada

*真田広之さん

映画『伊賀忍法帖』の主演の真田広之さんの相手役のオーディションに、家族に頼み込み応募をしましたが。

そこでなんと『角川映画大型新人募集』で特別賞を受賞し芸能界入りを果たします。

それをきっかけに、お母さんと、お姉さんの貴和子さんと共に上京しました。

ただ、真田広之さんの相手役には、グランプリを獲得された新人の渡辺典子さんが選ばれてしまいました。

ちなみに、「角川・東映大型女優一般募集」の時に、『角川3人娘』と言われた方々がおられました、1人は薬師丸ひろ子さん、2人目は、渡辺典子さん、3人目は原田知世さんです。

薬師丸ひろ子 女優 hiroko yakusimaru

*薬師丸ひろ子さん

伊賀忍法帖 渡辺典子 女優 noriko watanabe

*渡辺典子さん

いや~ぁ、懐かしいですね。

その後も、数々の映画の主演や主題歌が大ヒット『愛情物語』『早春物語』、『天国にいちばん近い島』など人気女優として多忙な日々を送られていました。

私事ですが、1984年12月公開の映画『天国にいちばん近い島』の舞台のニューカレドニア、新婚旅行で行きました。

ずいぶん昔になりますが、この映画の影響もありました。(本当は、モルディブに行きたかったのですが貧乏サラリーマンの為断念)

 

また、1987年にお姉さんの原田 貴和子さんと映画『私をスキーに連れて行って』で共演されています。

この映画もすごく人気があり当時かなり話題になりました。

主題歌は「恋人がサンタクロース」、松任谷由実さんこの曲も凄く人気がありましたね。

原田知世 私をスキーに連れて行って

 

このシーン、好きでしたね♪

私をスキーに連れて行って』の予告編がありました。懐かしーぃ!

原田知世 tomoyo harada 原田知世 tomoyo harada

上戸彩さんにも、見えますね。

ご結婚は、されていたのですね。

上で書きましたが、原田知世さんはイラストレーターのエドツワキさんとご結婚されていたのですね。

エドツワキ 原田知世

*左が、エドツワキさん、1966年生まれ、私と同じ年だ_| ̄|○

原田知世さんが、多忙だったためかご結婚は2005年にご結婚されました。

彼女が結婚することについて当時コメントをしていました。

みなさまへ
五月の連休をいかがお過ごしですか?突然ではありますが、みなさまにご報告がございます。私、原田知世(37歳)は、昨日、イラストレーターのエドツワキさん(38歳)と入籍、結婚いたしました。昨年の秋に出会い、その後、ふたりで温かな時間を過ごしながら、それぞれがずっと探し求めていたパートナーであることを確信いたしました。お互いにこれまで独身で過ごしてまいりましたが、なんの予感もなかった、突然の出会いが完璧なタイミングで訪れたようでした。

が、8年という期間で結婚生活は終わりを迎えました。自身の公式サイトにて

原田知世とエドツワキは、それぞれの道を歩んで行くことにいたしました。これまで通りというわけにはいかないかもしれませんが、今後は互いを尊敬できる友人として、新たな関係を築いていけると思っています。

離婚の理由は、ネット上では「性癖」というキーワードが出ているようですが、これはデマのようですね。

その他に離婚理由として、結婚当初はエドさんがバリバリ稼いでいたので、原田知世さんが仕事をセーブしても悠々自適に暮らすことができていました。が、

2011年11年3月の東日本大震災以降、エドさんのクリエイター仲間の多くが価値観を変え、エドさんも『自分にも何かできるはず』と被災地でのボランティア活動に熱心になり、稼ぎがどんどん減っていきます。

 

原田知世さんとの生活もそのためにすれ違いが多くなり、そのうち修復不可能となり、別居をよぎなくされました。

原田知世さん自身は、専業主婦になりたかったようですが、子供さんにも恵まれずに仕事を辞めるにやめられない状態だったとも言われています。

 

もし、子供さんが居ればまた違った人生だったのかもしれませんね。

お姉さんの、原田 貴和子さんの現在は?

原田貴和子 女優 kiwako harada

2歳上のお姉さんの、貴和子さんは現在どうしているのでしょうか。

生まれは1965年、原田知世さんと同じの長崎県長崎市出身。

 

彼女は、1986年にスペイン・イタリア・日本の合作映画『アフガニスタン地獄の日々』でスクリーンデビューをされますが、この作品は日本未公開でした。

映画・アフガニスタンの地獄の日々

*この映画に、出演されていたんですね。

国内では大林宣彦監督の角川映画『彼のオートバイ、彼女の島』でヒロイン役でデビューをしています。

2001年に一般会社員と結婚し1男1女に恵まれますが、2011年に離婚されました。

結婚当初は芸能界を引退していましたが、後に復帰して活動中しています。

原田貴和子 原田貴和子 彼のオートバイ・彼女の島

 

まとめ

原田知世 女優 tomoyo harada

いかがでしたか、50歳にもかかわらずあの可愛くお美しい美貌の原田知世さん、日々の努力もしているのでしょうね。

ご結婚もされていとようでしたが、残念なことに離婚をされ、お子さんもいないと望んでいた結婚生活ではなかったようですが、今は、とても素晴らしい人生を歩んでいるように見えます。

お姉さんも、妹さんに負けず劣らずのお美しい女性でした。

 

姉妹での共演もまた観れることを期待したいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.