ひな祭りのお飾りっていつ頃がいいのでしょうか・2018年はこの日だ!

 
  2018/01/25
WRITER
 
お雛様
この記事を書いている人 - WRITER -

 

はいどうも、yasuhiroです。

みなさん、おひな祭り(桃の節句)の飾りつけっていつ頃されますか?女の子の健康で健やかにそだってくれるようにと、おひな様を飾ってみんなでお祝いをしますね。

私も、娘が3人いるので調べてみました。

 

実際、今迄そんなことは、いっさい気にはしていなかったのですが…

昔からある風習なので何かあるのではと思い、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

 

2018年度版!ひな祭りのお飾りは・いつ?

 

先ほども、書いたと通り我が家ではひな祭りのお飾りをする日は、特別気にしていなく出せる時に出していました。ただ、しまうのは、早い方が良いと聞いた記憶があるのですぐにしまうようにしていました。

なぜ、早い方が良いのかも念のために調べてみました。

まずは、ひな祭りのお飾りですが実際はこの日だ!という日は決まっていないようです。

ただ、飾るのに適した日という日はあるようです。

その日とは、節分の翌日の2月4日(立春)~2月の中旬までとされているようです。最悪遅くとも、ひな祭りの1週間前(2月24日)までに飾るのが一般的のようです。

ただ、時間がないと言ってひな祭りの前日に飾るのだけはよくないようです。(一夜飾り)これは、最悪のようですよ(お正月のお飾りもそうですね)。くれぐれも大事な娘さんのためにも覚えていた方がよさそうですね。

 

ひな祭りのお飾りの最適な時期とは?

 

先ほど、お飾りを飾るのに特定の日という物はありませんと言いましたが、でも本当は、お飾りをするならこの日!という日はあるようです。

その日とは…

① 立春
② 大安
③ 雨水

だそうです。

では、「立春」 「大安」 「雨水」 がなぜ、お飾りに良いのでしょうか?

 

*立春


 

1年の節目の「節分」が過ぎ、立春を迎える第一週目は、春を迎えむ縁起が良いといわれているので、ひな人形を飾るのには良い日だそうです。

 

2018年の、立春は 2月4日(日)です。(地方によっては差があります。)その、2月4日は 赤口なので午前11時~午後1頃までに飾り終われば尚いいですね。お子様のためにに長い期間、おひな様を飾っておきたい方は、この2月4日がベストですね。

 

*大安



 

大安とは、「大いに安し」という意味です。六曜のなかでは、一番の吉の日とされています。日本のカレンダーなどには「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」と記載されていると思いますが、これが六曜です。

大安は、何をするにもバッチリ的なとっても運勢が良い日なのです。天気が良い大安の日を選び、おひな様を飾るという方が多いようです。

うちでは、そこまで真剣に考えたことがなかったので今年から、意識していきたいと思います。

2018年の立春以降の大安は、

2月9日(金)
2月15日(木)
2月20日(火)
2月26日(月)

です。お天気が良くなればいいですね。

ちなみに、仏滅を避けて時間を選べば、大安以外の日でも吉とされています。

友引・・・朝と夕が吉
先勝・・・午前中が吉
先負・・・午後から吉
赤口・・・正午ころ吉

ちなみに六曜とは、

*先勝(せんしょう・さきかち)

*友引(ともびき・ゆういん)

*先負(せんぷ・さきまけ)

*仏滅(ぶつめつ)

*大安(たいあん)

*赤口(しゃっく・しゃっこう)

この六つのことを六曜と言います。一日ごとに順番で回って来てその日の吉凶や運勢の目安とされています。

六曜は中国で生まれたとされています。ただし、いつの時代から暦として確立されたかについては不明であるようです。

気にしない人は、全然気にしないようですが…

 

雨水



 

雨水と言うのは、これは二十四節季の中にある「雨水」の日のことを指します。二十四節季とは、季節を24に分けてそれぞれに名前をつけたものだそうです。有名なもので、

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」「春分」「夏至」「冬至」などです

2018年の雨水の日2月19日。雨水とは、寒さが和らぎ雪が溶けて、本格的な春の訪れを感じられるようになる時期だそうですが実際にはまだまだ寒い日が続きますよね。

そいしてこの日に雛人形を飾ると、良縁に恵まれる・良い伴侶に巡り会うと言われています。

ただ2018年の2月19日は「仏滅」なので、気になさる方は大安吉日の日に飾るのが良いかもしれませんね。

おひな人形は、いつしまうのがベストなんでしょうか?

 

私が子供の頃に聞いたことに、おひな様をいつまでも出しっぱなしにしていると婚期が遅くなる。とよく聞きました。まぁ、迷信だとは思いましたがなぜ?か、までは知らなかったのでいい機会なので調べてみました。

ひな人形を片付けるのは、「啓蟄けいちつの日」である3月6日頃が良いと言われています。若葉が芽吹き虫がうごめき始めるとされるこの日。雨水の次の節目に当たります。

3月3日からたった3日後とはずいぶん慌ただしい気もしますが、できるだけ季節の節目を超えず、遅くとも3月中旬頃までに片付けるのがベストようです。

また、先ほど私が子供の頃に聞いたことは、ひな人形は女の子の厄を引き受ける役目を持っているようで、災いを遠ざけるという意味でも、ひな人形はできるだけ早く片付けた方が良いようです。

 

また、ひな祭りが終わったらいつまでも出しっ放しにせず、きちんと片付けさせるというしつけの意味も含まれているようですね。そして「片付けもできないとお嫁に行けないよ」というような皮肉が、「ひな人形を出しっ放しにしていると結婚できない」と変化し、この説になったとも言われているようです。さらに、そのようによくしつけられた娘が早く「片付く」(結婚できる)ようにと、親の願いも込められているみたいです。

でも今の方々は共働きなどで、つい遅れてしまうこともあります。古いしきたりにふりまわされずに、天気の良い日を選んでゆっくりと片付ければ良いとおもいます、でももし、気になる場合は内裏だいりひなを後ろ向きにしておきましょう。こうすることでお内裏様とおひな様は「眠った」「帰った」と解釈する地域もあるということです。

都合のいい言い訳ですね。

お内裏様って?

 

ひな祭りの定番の歌『ひな祭りの歌』その中にもお内裏様とお雛様とうたわれていますね。それを聞いて

お内裏様=男雛おびな

お雛様=女雛めびなという風になんとなく理解していませんか?実際私はそう思っていました、でも調べてみると実は…。

少し難しくなりますが…ご説明を

内裏とは、天皇の私的区域のことを差し、御所ごしょ禁裏きんり大内おおうちなどと色々の言い方がありますが、 この内裏の中に、紫宸殿ししんでんと呼ばれる場所があります、天皇元服てんのうげんぷく立大使りったいし節会せちえなどの儀式が行われた正殿です。

ひな人形は紫宸殿で行われる、天皇と皇后の結婚式を似せたお飾りのようです。 紫宸殿の前には、右手にたちばな、左手に桜が植えてあったことを似せて、段飾りにも左近の桜・右近の橘が飾ってあり、これもひな人形と同じですね。

上記の通り、内裏とは天皇が住む宮殿のことを言うことなので、天皇陛下をお内裏様と呼ぶことは間違っていることになりますね。 たのしいひなまつりの歌にあるお内裏さまは天皇、お雛様は皇后を表していますが、「男雛・女雛」または「お殿様・お雛様」と呼ぶのが正しいようですね。

また、天皇皇后を似せさせたお飾りを内裏雛だいりびなと呼んでいるようです。

 

まとめ

 

今回調べて、色々なことを知る事が出来ました。で、今回はおひな様をお飾りしたら来年の配置に迷わないように、飾りつけ後に写真を撮っておくのがベストですね。

1年経つとまた忘れてしまう可能性があるので(笑)

お雛様

 

それでは、此処までご覧頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.