睡眠時無呼吸症候群の検査結果出ました!マウスピースで軽減?

WRITER
 
睡眠時無呼吸症候群 検査結果 Sleep apnea syndrome test results
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!こんにちは、yasuhiroです。

以前、私が睡眠時無呼吸症候群検査を受けた記事を書きましたが、その後やっと結果が出ましたので記事にしたいと思います。

まぁ、このような記事は誰も興味ないでしょうが、体験記として書かせて頂きます。

 

以前の記事は、こちら

睡眠時無呼吸症候群の為検査入院・体験記録!人生で入院は2度目!

 

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の検査結果

 

検査

5月某日、尼崎総合医療センターへ先月受けた睡眠時無呼吸症候群の検査結果を聞きに。

この1泊の入院検査は、いきなり受ける事が出来ません。と、言うかいきなりこの検査を受けたら、健康保険がきかないので多額の費用が掛かります。

ではどのようにして受けるのか?

 

まずは、近くの、または信頼している耳鼻咽喉科に行き睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を受けなければなりません。その後検査結果次第で、入院検査をするかどうかを医師と相談して決めます。

入院検査が決まれば、検査が出来る病院を紹介してくれます。そこで一度診察を受け、入院検査の手続きに移ります。

 

私は検査の当日、沢山のセンサーを付けたため気になりほとんど寝ていなかったと思い、検査のデーター不足ではないかと心配していました。いざ先生に呼ばれ開口一番にその事を聞きました。

ほとんど寝れませんでしたが、データーは出ていますか?」と、すると担当の先生が、「十分睡眠は、とられていますよ。」と検査結果の紙を観ながら答えてくれました。

 

あれ、ほとんど寝ていないと思っていましたが、入眠から最終覚醒までの時間(SPT)は、539.5分おおよそ9時間寝ているみたいです。

十分寝ていますね。そして、SPTから途中覚醒した時間を引いた睡眠時間が、502.5分おおよそ8時間30分と結果に出ていました。

 

物凄く寝苦しくて、何度も寝返りをうちほとんど寝れなかったような感じだったのですが、がっつり寝ていますね。

i睡眠時無呼吸症候群 検査結果   i睡眠時無呼吸症候群 検査結果

この、一枚目の写真で重症度が分かります。

重症度とは

睡眠1時間あたりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数をAHI(Apnea Hypopnea Index)=無呼吸低呼吸指数と呼び、この指数によって重症度を分類します。なお、低呼吸(Hypopnea)とは、換気の明らかな低下に加え、動脈血酸素飽和度(SpO2)が3~4%以上低下した状態、もしくは覚醒を伴う状態を指します。

*引用:SASの定義・重症度分類

 

軽症 5 ≦ AHI <15
中等症 15 ≦ AHI < 30
重症 30 ≦ AHI

*(成人の睡眠時無呼吸症候群 診断と治療のためのガイドライン 2005)

それで、結果はといいますと、一枚目の写真で私の無呼吸低呼吸数 AHIという項目の数が

14.6

となっていてこの数値では、軽症~中等症に当たります。

この数値が30を超えると重症となり睡眠中に機械を使う治療「Continuous Positive Airway Pressure」頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」で治療していくことになります。

シーパップ療法

これは、辛いですね。毎回睡眠時に装着しなければいけないので慣れるまでが大変そうですね。

そういえば、芸人のTKO木下さんは、このシーパップ療法をされていました。

最初は、寝苦しかったようですが慣れてしまった今では旅行にももっていかないと寝れないとの事でした。

シーパップ療法 TKO 木下

 

スポンサーリンク

軽症から中等症の場合は?

 

重症の場合は、上で書いたようにシーパップ療法を治療として行いますが、私の場合はそこまでではありませんでした。

就寝時にマウスピースを使っていくか、何もせずに経過観察をするかでした。あと寝相によっても呼吸数に違いがありました。

睡眠時無呼吸症候群 検査 結果 Sleep apnea syndrome 

見にくいかもしれませんが、上の写真の下の方の凸凹したグラフがあります。

このグラフは、寝相を表していますS上向きR右を下にした横向きL、左を下にした寝相を表しています。

私の場合S上向きの時低呼吸になる傾向にあります。

横向きで寝ている時は、ほとんど普通に呼吸が出来ていると言われました。

 

なので、「横向きで寝ればいいんですね」と、先生に言いましたが、「寝る前の意識がある時は、横向きでも寝てしまえば寝返りをうってどこを向くか分かりませんよ。」と突っ込まれました。

その通りです。お恥ずかしいい。

という事で、やれることはやってみたいので、

マウスピース

作る事にしました。(お金ばかりかかります。)

 

マウスピースは、耳鼻咽喉科ではなく歯科医にお願いします。

現状の歯の状態を確認して頂いてからになるので行きつけの歯科医に紹介状を書いて頂き本日の診察は終了しました。

 

スポンサーリンク

マウスピース制作へ

マウスピース

耳鼻咽喉科の診察の翌日に、行きつけの歯医者さんへ紹介状を持っていきました。

歯科医の先生に「久しぶり、今日はどうした?」と聞かれたのでこれまでの経緯を言って紹介状を渡しました。

年上の先生に「君も色々たいへんだね~ぇ」と心配されました。

つい先日ここで親知らずを抜いたばかりなのでそのような言葉が出たのでしょうね。お世話になります、先生。

 

耳鼻科の先生からも説明がありましたが、マウスピースといっても、睡眠時無呼吸症候群のためのマウスピースは通常の物とは異なり下あごを前に突き出させるような形にします。

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース

上の写真の様に、下の歯が上の歯よりも前に出ています。

これは横にも説明されていますが、ようするに上を向いて寝た場合舌の根元部が気道の方に下がり気道をふさいでしまいます。

それにより無呼吸状態になるという事です。これで、マウスピースを付けると下あごが前に行き舌が収まるスペースが広がり気道を塞ぎにくくします。

ただ、耳鼻咽喉科の先生が言っていましたが、このマウスピースを付けると普通でない口の形状なので慣れるまで苦労するのと、あごの根元部分に負担がかかるとも言われました。

確かに下の歯を、前に出すと耳の下あたりに違和感を覚えますね。

そのため、この治療を始めても途中で挫折される方もいるようです

お~ぉ、始める前からプレッシャーがかかります。

 

この日は、とりあえず歯石除去と虫歯の有無を調べて診察は終了。

マウスピースのための歯の型取りは後日になりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしてか、50代のオヤジが睡眠時無呼吸症候群の検査を受け、結果が、無呼吸低呼吸が見られました。

症状は、軽症から中等症と結果が出たためマウスピースを制作することになりました。

 

この続きは、後日記事にしていきたいと思っています。

いびきが凄いと思われる方は一度検査をしてみてはいかがでしょうか?

寝ても寝ても寝たらないあなた気をつけて下さいね。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.