皆川夏穂・新体操エースが綺麗!美しい演技の裏でロシアでの苦悩?

 
  2018/04/10
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!こんにちは、yasuhiroです。

みなさん、皆川夏穂さんをご存知ですか?2017年新体操世界選手権・種目別フープで日本人として42年ぶりにメダルを獲得し東京五輪でのメダルが期待されています。

皆川夏穂さんといえば、新体操の演技だけでなく、かわいいルックスもかねそろえた若手選手ですね!

そんな皆川夏穂さんが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

新体操エースの皆川夏穂さんってどんな人?

皆川夏穂 

皆川夏穂さん(みながわ かほ)は、1997年8月20日 の20歳。身長は170cm体重は48.5kgで学歴は、千葉市立真砂第2小学校から千葉市立真砂中学校、大原学園高等学校へ。

千葉県出身の彼女は友達の影響でわずか4歳から、新体操を始めました。2012年、2013年全日本ジュニアで優勝をすると2013年より特別強化選手としてロシアへ新体操留学をしています。すごいですね~ぇ。

 

2015年の世界新体操選手権では15位となり、2004年のアテネオリンピックの村田由香里さん以来3大会ぶりに新体操個人総合でのオリンピック出場枠を獲得した。

また、2016年のリオデジャネイロオリンピックで新体操個人代表となっています。

村田由香里

2017年8~9月に、イタリアで行われた新体操の世界選手権で種目別決勝のフープで出場した彼女は、日本のエースとして17.700点で見事に銅メダルを獲得しています。

日本勢では1975年大会のフープで金メダルを獲得した平口美鶴さん以来、42年ぶりの快挙でした。

さらに2日後の個人総合決勝では、フープ、ボール、クラブ、リボンの4種目の合計が68.425点で5位に入り、1975年大会の森野容子さんに並ぶ日本史上最高の成績を出しています。

皆川夏穂さんの主な成績は

*全国中学校総合体育大会 2連覇
*全日本ジュニア選手権 2連覇
*2014年 全日本新体操クラブ選手権クラブ対抗優勝個人総合 優勝

若くして数々の大会で優秀な成績をおさめている皆川夏穂さん、手も足もとても長く、とても演技が綺麗に見えますね♪

また、その美貌も眩しい存在ですね。

皆川夏穂

 

皆川夏穂さんのロシアでの苦悩?

皆川夏穂

一昔前は、新体操と言えばブルガリアと言われていました。

なんと言っても国技ですからね、ただロシアは芸術性の高い競技には国の補助が大変行き渡っています。

習い事で始める』のではなく、各選手になる子供は選ばれ抜かれ『選ばれたものが競技をする』と言う意思の元なので、始める段階から違っています。

そのような環境の違いからロシアの力が強くなって来たのではないでしょうか。

そのロシアへ皆川夏穂さんが、2013年の中学卒業後に、同じイオン新体操クラブに所属する早川さくらさんとともに、留学しましたが…

早川さくら

 

ロシアと新体操との関係は私も知りませんでしたが、皆川さんはこのようにコメントしていました

ロシアに行けばトップの選手や先生に会えるし、いろいろと教えていただける。もともと、新体操に関して何かにチャレンジする時は、不安に感じたり心配するよりも、ワクワクするタイプなんです。なにより、オリンピックに出場したいという気持ちがとても強かったので、そのためにはもっと成長しなければいけないという危機感がありました。だから、1日でも早くロシアに行きたいという気持ちでしたね

現在も、皆川夏穂さんは1年のうち10カ月間は、拠点を置くロシア・モスクワ郊外で生活をしています。

練習場では専属コーチからのマンツーマン指導を受け、宿泊施設と練習場を往復の生活を送っています。私から見たら可愛そうにも思えますが、選手としてはありがたい環境なのでしょうね。

 

しかし、まだ十代の女性が異国の地で宿舎と練習場の往復では辛かったでしょう。

 

また、練習中はすべてロシア語のため、言語の壁は大きいかったはズデス。留学当初は、次の日の練習時間を訊くことで精一杯だったようです。

練習中はまだ、つたないロシア語のかわりに、ジェスチャーで、コーチや選手たちとのコミュニケーションをしています。

そして日本との違いの1つに練習があります、日本では基本1日2種目の練習ですが、ロシアでは1日4種目すべてを行うのでハードなようですよ。

基本、午前・午後に4種目ずつなのでかなりきつい日々を過ごしているんですね。

でも、皆川夏穂さんからすれば、さほど長時間の練習とは思はないと言っています、午前、午後ともに3~4時間ぐらいの練習時間です。

ただ、演技をノーミスで1日2回行うことがノルマなんです、そのノルマをロシアの選手達はすぐにできてしまいます。

だからロシアの選手は3時間くらいで終わってしまいます。でも彼女は集中力が少し足りなかったり、『これで決めよう』と力み過ぎてしまい、時間がかかってしまうと言っています。

が、ただ彼女が練習熱心なだけではないのではないでしょうか。

 

特に彼女は、ひじの動きをコーチに注意されていたので、手具を扱う時は少しでも曲がると短く見えるので、遠くまで伸ばすように気を付けていました。

孤独の中で1日8時間の猛練習とコーチの過酷な要求に歯を食いしばりながら挑み続けている彼女にとって、同年代の女性が味わうような楽しい学園生活も心ときめく恋愛も、未知の世界だといっています。

彼女の唯一の息抜きは三代目 J Soul Brothersの音楽を聴くことでした。

皆川夏穂さんの美しい演技!

皆川夏穂

身長170cmで長い手足を生かした表現力、「エレガントさで言えば世界一」と、動きの美しさはかねてから評価されている皆川さんです。

巧みで美しい手具操作や動きのなめらかさといった長所は、今後さらに磨きをかけなければならないと熱く語っています。

 

 

 

さすが、「エレガントさで言えば世界一」と言われているだけの演技ですね。

のびのびとしていて上で書いているひじもしっかり伸びているように見えました。

まとめ

皆川夏穂

いかがでしたか、新体操日本代表の皆川夏穂さんのロシアでの苦しい練習生活や日本とロシアの違いに苦悩しながら練習に明け暮れる日々。

2020年の東京五輪で、皆川夏穂さんが素晴らしい演技をされることを期待したいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.