押田岳ジュノンボーイ・人間科学部に在籍!その後の活躍が凄い!

WRITER
 
押田岳
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも!です。

 

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストといえば、女性向けの月刊誌『JUNON』が主催する美男子コンテスト、あの武田真治さんや小池徹平さん、犬飼貴史さん等々数多くのイケメンが選ばれています。

 

このジュノン・スーパーボーイ・コンテストの第29回目のグランプリに選ばれたのが、押田岳さんです。ジュノンボーイに選ばれた後の活躍や、親孝行と噂される真相が気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

押田岳さんのプロフィール!

 

 

押田岳(おしだ がく)さんは、1997年4月9日生まれの21歳、出身は神奈川県で2017年から芸能活動をされています。

 

身長175cmのA型、趣味はスケートボードで特技はダンスと体を動かすことが好きな、男子です。

 

所属事務所は、エバーグリーン・エンターテインメント。同じジュノンボーイの、溝端淳平さんが先輩にいますね。

 

 

高校は、神奈川県立横須賀高校でストリートダンス部に所属、のちの出演作品(仮面ライダー)にダンスの要素を取り込むほどにダンスを愛しています。

 

そのダンスを始めるきっかけは、お母さんが「次は、ダンスがはやるからやりなさい」と、彼が小学2年生の時に勧められたのがきっかけだそうです。

 

 

初めは、いや嫌だった押田岳さんでしたが続けるうちに楽しくなり、現在も早稲田大学の所沢キャンパスの公認サークル「aka Wa. Se. Da」に所属しているんだそうです。

 

先見の明がある、お母さんでよかったですね♪

 

 

またこの横須賀高校は(偏差値は66)、元首相の小泉純一郎さんの出身校でもあり、かなりレベルの高い高校だそうです。

 

早稲田大学人間科学部に在籍!

 

早稲田大学

 

神奈川県立横須賀高校卒業後、現在(2018年12月)押田岳さんは、早稲田大学人間科学部在学中、って人間科学部って学部があるんですね。

 

1987年に設置のこの人間科学部は先進的な教育課程にて、よりよい社会を目指し高度な社会人や研究者を、育てている学部だそうです。

 

押田岳さんがこの学部を選んだ理由に、1つの学問にとらわれずに学際的学問や研究が、複数の異なる領野にまたがっている事)・横断的異なる分野・種類などを超えたつながりがある事)に色々と学べることが出来る環境に魅力を感じたためです。

 

頭のいい人は、魅力を感じる所も凡人とは違いますと、つくづく思いさせられました。学際的や横断的なんて言葉私は普段から使わないから分かりませんでした。

 

そして押田さんは、この学部の授業では向後千春先生(人間科学学術院教授)の「インストラクショナルデザイン」という授業が面白かったといっています。

 

「インストラクショナルデザイン」とは、

教育の場などで、学習者いわゆる学習をしたい意志を持つ人が自由度を保ったままで、高い学習効果が出るように目指し、具体的な計画を立てることです。

 

 

押田さんは、この講義でのグループワークなどでみんなの意見を聞きながら進めていく事が良かったと話しています。

 

そのおかげで押田さんは、教える技術が身に付き、実践的でもあったので受講してとてもよかったとコメントをしています。

 

私は、人間不信になっているのでなかなかグループワーク等が出来ず、押田さんをうらやましく思えました。が、押田さんを調べていると、元々押田さん自身ももコミュニケーションを取るのが得意な方ではなかった様です。

 

しかし、努力して自分を変えていったのでしょうね。人を変えることは難しいけど、自分を変えることは出来るを実践したのでしょう。

 

押田岳さんは、頭の回転が速く、記憶力も凄く良いと思えますので、今後の役者として、大物になること間違いなしですね。

 

ジュノンボーイ後の活躍

 

そんな押田さんは、2016年に開催された、第29回 『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で見事にグランプリ受賞、翌年の2017年にはフジテレビ系で放送中の『痛快TV!スカッとジャパン』でテレビに初出演を果たします。

 

 

その後は、映画『一礼してキス』・『ルームロンダリング』・『サムライせんせい』、ドラマ『アンナチュラル』などの作品に出演されて、1歩づつ役者としての階段を進んでいきます。

 

 

そして押田さんの名を大きく世間に知らせたのは、イケメン俳優たちが多数出演している仮面ライダーシリーズの

『仮面ライダー・ジオウ』での仮面ライダーゲイツ役ではないでしょうか。

 

仮面ライダー・ゲイツ・押田岳

 

男子としては、仮面ライダーに変身できることは夢ですよ。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか、若手俳優の押田岳さんが、ジュノンボーイのグランプリを受賞後に活躍された事や、現在在学中の早稲田大学人間科学部について調べてみました。

 

21歳とまだまだこれからの押田岳さんに、期待したいと思います。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.