yasuhiro-recolog.com

最近の投稿

西城秀樹死去!死因は急性心不全!2度の脳梗塞を乗り越えたのに

WRITER
 
西城秀樹
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、yasuhiroです。

悲しいニュースです。歌手の西城秀樹(本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが2018年5月16日午後11時53分死去されました。63歳でした。

 

心から、ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

昭和の新御三家の西城秀樹さんってどんな人?

西城秀樹 hideki saijyou

名前:西城秀樹(木本龍雄:きもと たつお)

生年月日:1955年4月13日

出身地:広島県広島市東区

2018年5月16日:63歳没

 

1972年3月25日に、ビクター音楽産業 (RCA) よりシングル「恋する季節」で歌手としてデビューしました。が、

芸能界入りのきっかけは、山陽高等学校時代に、ジャズ喫茶でバンド出演時に、たまたま歌っていたところをスカウトされました。

本来、西城さんは、歌手には興味がなかったが、当時、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」がヒットして、歌謡曲が変わり始めた時期と重なり、スカウトを受け入れる。

しかし、お父さんが頑固で厳しい人であったため芸能界入りを猛反対されました。

しかし、その反対を押し切って、家出同然で広島から東京へ。芸能事務所は「芸映」に所属しました。

1973年6月に、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなりました。

一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみさん、野口五郎さんと共に「新御三家」と呼ばれました。

「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得するなどスターとしての地位を手に入れました。

今でも、YMCAでもお馴染みの『ヤングマン』TBS系歌番組『ザ・ベストテン』のランキングボードで2週にわたって満点(9999点)が表示されるという偉業を果たしています。

絶唱型と言われる歌唱法を披露。その結果『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞しました。

 

スポンサーリンク

2度の脳梗塞を、乗り越えていましたが…

 

西城秀樹

西城秀樹さんは、当時歌とダンスが素晴らしい歌手でした。

体格も長身(181cm)でかっこ良かった印象があります。

そんな体力に自信がありそうな西城さんは、2003年と2011年に脳梗塞をその時は、2週間程度入院していました。

右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残ったが、その後は快方へ向けてリハビリに励み、徐々に歩行の状態などが改善してTVにもたまに元気な姿をファンの方に見せていました。

 

あまり、良くなかったのでしょうか?無理をして、ファンの方々に心配させないようにしていたかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

死因は?

未だはっきりとは情報が出ていませんが、2018年4月25日に体調を崩し入院。そのまま帰らぬ人になってしまいました。

死因は現時点では、急性心不全と伝えられています。

2003年と2011年に脳梗塞を患うが、度々TVに元気な姿を見せていましたが…

寂しいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

西城秀樹

また、昭和の大スターが亡くなり寂しいです。

お通夜、告別式は、5月25・26日に行われる予定です。

西城秀樹さんの御冥福をお祈りします。

 

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.