睡眠時無呼吸症候群50代男マウスピース初使用!その効果が凄い事に!

WRITER
 
睡眠時無呼吸症候群 Sleep apnea syndrome
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも!yasuhiroです。

私、このブログで睡眠時無呼吸症候群の中程度の検査結果を受けたという記事を以前に書き、マウスピースを作る事になりました。

睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースを使えば気道が確保されて、呼吸も楽になるようです。

また、いびき もかきにくいという事です。

マウスピースを作って頂くのは、歯科医院なので、かかりつけの歯科医院の先生にお願いしました。

今回、そのマウスピースが出来たので、使用感や効果、費用などを記事にしてみました。

また、その効果が凄い事になりました。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群にマウスピース?

 

私、50代の男性で以前、奥さんに「いびき が、途中止まっているよ。」と指摘されて

近所の耳鼻科医院へ尼崎救急総合医療センターにて1泊検査入院検査結果 中程度 と診断を受ける横向き寝で いびき をあまりかかないと判明→抱きまくらで横向き寝をしやすくするため抱きまくら購入→マウスピーによる気道確保をして楽に呼吸出来るようにすることとなる。

この辺りは、以前に記事を書きましたので宜しければ、お読みください。

睡眠時無呼吸症候群で中程度の診断が出たので抱き枕を購入!

何故、マウスピースで気道確保が出来るかというと

睡眠時無呼吸症候群の検査結果出ました!マウスピースで軽減?

上の記事でも書きましたが、

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース

上の写真の様に、下の歯が上の歯よりも前に出ています。

これは横にも説明されていますが、ようするに上を向いて寝た場合、舌の根元部が気道の方に下がり気道をふさいでしまいます。

それにより無呼吸状態になるという事です。これで、マウスピースを付けると下あごが前に行き舌が収まるスペースが広がり気道を塞ぎにくくします。

 

との事でした、ただ口の中にマウスピースを入れなおかつ、下の歯を前歯より前に出さなくてはいけなくとても不自然な感じになります。

そして、あごの付け根がつらく途中でやめる方々がいます。

その辺りを、歯科医院の先生に相談しました。

 

先生も大変快く、相談に乗ってくださりました。

そしてまずは、下の歯を前歯の前にいきなりせずに自然な位置で固定したマウスピースを作ってみることにしました。

どうゆう事かといいますと、私の場合、普通にしている時は下の歯は前歯より少し後ろにあります。(個人差があります。)

しかし、上向きで寝ると下の歯がより後ろに移動します。その分、舌の収まるスペースが小さくなります。

 

ので、「いきなりつらい位置でマウスピースを作らず、自然な位置でのマウスピースを作り少しでも舌の収まるスペースを作り、気道を確保するようにしましょう。」との事です。

 

スポンサーリンク

マウスピースを製作して頂く

 

まずは実際に、作って頂いたマウスピースです。自分でも恥ずかしい位の、歯並びの悪さです。

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース Sleep apnea syndrome mouthpiece

 

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース Sleep apnea syndrome mouthpiece

 

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース Sleep apnea syndrome mouthpiece

 

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース Sleep apnea syndrome mouthpiece

 

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース Sleep apnea syndrome mouthpiece

 

2枚目と4枚目の写真でわかるでしょうか、前歯が、下の歯より前に出ています。

(一部分、白っぽく見えるのはマウスピースを固定したボンドです。)

 

そして、5枚目の写真はインターネットで「睡眠時無呼吸症候群 マウスピース」で検索して出て来た写真です。

私が作って頂いたマウスピースと比べても前歯より下の歯の方が前に突き出ていますね。

耳鼻科の先生にも、この5枚目の様なマウスピースと言われていました。

実際、自分の歯をその位置にしてみると本当にあごの付ねがだるくなります。

 

では、実際どのようにしてマウスピースを、作っていくかというと。

私はここの歯科医院しか受診したっことが無く他の病院との比較が出来ないことはご了承願います。

まずは、歯石を落とします。しばらくぶりなので歯石が付いていたようです。

歯石取りは苦手です、痛みというより音が嫌ですね。歯石を取りその後に上下の歯の型を取ります。

実はこの歯型を取るのも、苦手なんですよ私。

結構多いと思います苦手な方、あの気持ちが悪くなる感じが…

 

気持ちが悪くなる症状を嘔吐反射(おうとはんしゃ)といいます。中には、平気な人もおられるようです。羨ましい。

 

この歯型をとることを「印象(いんしょう)」といいます。

印象の目的は2種類あります。矯正の歯並びを確認するためや、治療の診断用にとる「概形印象(がいけいいんしょう)」と、もう一つは銀歯や入れ歯などを作るためにとる「精密印象」です。

私の場合は、「精密印象」でしょうか。どちらにしても、あの独特のねっとりとした材料を口の中に入れられ歯で噛みしめなくてはいけないので気持ちのいいものではないですね。

この記事を、書いているだけでも思い出しますよ。

 

で、無事に型どりが終わりました。初日は以上でした。

一週間後に来てくださいと言われました。

 

一週間後に、歯科医院に行くと上の写真のマウスピースが出来ていました。

出来上がったマウスピースを先生がある程度削ってくれ低ました。

歯茎にあたると、違和感や痛みの原因になるためです。

また、歯型から作っているためきっちりとしています、そのままでははめにくく、朝起きた時には外しにくくなるため、歯が入る深さをぎりぎり迄削って頂きました。

これを、削りすぎるとすぐに外れてしまい、逆に深すぎるとはめにくく、外れにくくなり微妙な調整をしていただきました。

先生の腕がよく2回目の調整で出来上がりました。

また、先生のご厚意で素材の違う物を各1個作って頂きました。1mm1.5mmの物でした。素材はレジンというプラスチックに似た素材でした。

 

スポンサーリンク

マウスピースの装着感・効果は?

 

早速に、その日の就寝時に装着しました。第一印象は「装着しずらい、特に1.5mmの方」「0.1mmでも、慣れるまでは装着しずらい」でした。

また装着しても歯自体が締め付けられているような感じがして、なかなか寝付けなかったです。

また、夜中に無意識に外していました。大丈夫かな?と心配になりました。

翌日、奥さんが入れ歯ケースを買ってきてくれました。私の父親が生前使っていました。

入れ歯洗浄剤を入れて洗浄するやつです。

まさか、自分がこの年でこれを使うのかと凹みました。

 

まぁ、口に入れるものなので致し方ないですね。

 

1.5mmは装着しずらいので、二日目からは1mmのマウスピースを使います。

装着に少し手間取りますが、徐々にコツがわかりだしました。ただ、歯を締め付ける感は同じです。

この日は、すんなりと寝付けました。

50過ぎた、オヤジが抱きまくらを抱いておまけに、マウスピースを装着している姿を想像しただけで悲しくなります。

奥さんが、写真を撮らないことを願います。(笑)

 

マウスピース装着初日は、無意識に外してしまいました。

が、二日目は朝起きるまできちんと装着していました。

起きた瞬間に取り外しました。違和感がどうしてもあります。が、これも慣れるでしょう。

 

で効果のほどですが、前回抱きまくらの時に使ったアプリ『プライム睡眠レコーダー』を使い検証していきます。

あくまでも個人的な検証なのでその辺りはご了承してください。

プライム睡眠レコーダー

 

マウスピース 使用 1 First day using mouthpiece

*1日目 (無意識で、マウスピースを外す。)

 

マウスピース使用 2日 Mouthpiece use 2 days

*2日目 

 

マウスピース使用3日目 Mouthpiece use day 3

*3日目 

 

マウスピース使用3日目 Mouthpiece use day 4

*4日目 

 

5日目 Mouthpiece use day 5

*5日目 

 

Mouthpiece use day 6

*6日目 

 

Mouthpiece use day 6

*7日目 

 

iマウスピース使用 8日目 Mouthpiece use day 8

*8日目 

 

マウスピース使用9日目 Mouthpiece use day 9

*9日目 

 

マウスピース使用10日目 Mouthpiece use day 10

*10日目 (すいません、夜中の3時前にアプリをリセットしてしまいました。)

 

初日から、5日目までは、オレンジ色の部分で いびき をかいています。

ブルーの部分は、布団のこすれる音などです。以前はもっと いびき をかいていました。

下の写真が、以前の物です。

プライム睡眠レコーダー

 

プライム睡眠レコーダー

 

オレンジの部分が、結構ありました。抱きまくらだけの時も下のように微妙にオレンジの部分がありました。

それに、どうしても寝ている時には寝返りをうって上向きで寝ている事もあります。

睡眠時無呼吸症候群 抱きまくら使用

 

しかし、マウスピースを使用してからは奥さんにも いびき を指摘されない様になっています。

奥さんも、マウスピースの効果にビックリしていました。

気分的にも、グッスリ寝れているようにも感じました。

あくまでも、スマホのアプリでの検証なので医学的ではないですが、実際効果があるので病院で進められたのでしょうね。

このアプリも、なかなか正確ですよ。(現在240円です。お試し版があります。)きちんと いびき を録音してくれます。

みなさんも、1度試してはどうでしょうか。

プライム睡眠レコーダー

 

プライム睡眠レコーダーライト

 

スポンサーリンク

マウスピース製作での費用は?

 

では、今回マウスピース制作でかかった費用ですが当初尼崎総合医療センターでは、2万円くらいと聞いていました。

初診から受け取りまでで、合計:1万5千円でおつりが来ました。(3割負担)

また、病院により費用の変動はあると思います。

 

当初は、作っても効果が無いのではないか、とか途中で嫌になりやめてしまうのではないかなど不安がありました。

しかし、歯科医院の先生の判断でつらくない位置で固定したマウスピースが正解だったように思えます。

まだ、慣れていないので違和感は正直あります。が、これで いびき がマシになり奥さんにも迷惑が掛からなければよい物を手に入れたと思います。

 

こんな物も、あるんですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか、睡眠時無呼吸症候群の検査で、中程度という結果が出たのでマウスピースを製作して頂き、使用感、費用などを記事にしました。

 

今のところ、効果はあります。ただ、まだ10日間位なので長い期間で見てみないと分かりません。

ただ、いびき は収まっています。マウスピースの費用は、私の場合1万5千円でおつりがきました。

 

もし、いびき でお困りの方や、睡眠時無呼吸症候群の疑いのあるお方は、病院での診察をして、1度マウスピースの検討をしてみても良いかもしれませんね。

また、何かありましたらここに追記したいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.