超特急ユースケの元気担当は嘘?泣くほどの頑張り屋の素顔!

WRITER
 
ユースケ
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!こんばんはyasuhiroです。

みなさん、超特急ユースケさんをご存知ですか?

なんでも、『ももいろクローバーZ』の弟分の様なんですが、そのメンバーの中のユースケさんの事が、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

超特急のユースケさんってどんな人?

 

超特急ユースケ

名前:ユースケ

本名:福田 佑亮(ふくだ ゆうすけ)

生年月日:1995年12月24日(22歳)*2018年3月現在

出身地:神奈川県

血液型:B型

趣味:特技 水泳

事務所:スターダストプロモーション

芸能界入りのきっかけは、中学1年生の時にお母さんと映画を観て帰る途中にスターダストプロモーションのスカウトを受けたのがきっかけでした。

その後2011年に超特急を結成しました。メンバーカラーが有りユースケさんは、黄色で「元気担当」です。また、超特急というだけにユースケさんは6号車と呼ばれています。

ちなみに、ほかのメンバーは

アイドル 超特急

メンバーは7人でそれぞれ号車/担当カラー/担当チャーポイントがあります!

*1号車[ブラック]:コーイチ(吉野 晃一):ボーカル/お父さん担当【23歳】(脱退を表明している)
*2号車[ブルー]:カイ(小笠原 海):ダンサー/神秘担当【23歳】
*3号車[パープル]:リョウガ(船津 稜雅):ダンサー/ガリガリ担当/現リーダー【23歳】
*4号車[グリーン]:タクヤ(草川 拓弥):ダンサー/筋肉担当【23歳】
*5号車[レッド]:ユーキ(村田 祐基):ダンサー/ドジっ子担当/初代リーダー【23歳】
*6号車[イエロー]:ユースケ(福田 佑亮):ダンサー/元気担当【22歳】
*7号車[ホワイト]:タカシ(松尾 太陽):ボーカル/末っ子担当【21歳】

全員個性が強くて面白いですね!ちなみに8号車はファンのみんなだということですよ♪

 

実は、『超特急』は始めから存在したグループではないんですよ。というのも元々は、『恵比寿学園男子部』(通称EBiDAN)という演劇集団アンドアイドルグループというユニットでした。

スターダストプロモーションに所属する多くの若手俳優たちが所属するユニットで、ひたすらメンバー編成などを繰り返し、2012年ごろ、アーティストとしての活動を遵守するため、EBiDANからメンバーを選抜し、いくつかのユニットを結成させることになるのです。

そのユニットのひとつが、『超特急』であるというワケです。

その超特急なんですが、歌手・ダンスユニットとして活動をしています。これだけ聞くと普通なんですが…

実際のグループ構成がとても珍しいということで有名な超特急です。何が珍しいかと言うとメインがダンサーでバックがボーカルという史上初のユニットなんです。で、ユースケさんは歌手としてではなくダンサーとして活躍しています。

 

でも中学1年で、お母さんと映画とはさぞかし仲がいいのでしょうね、また、ユースケさんには、弟さん、妹さんがおられます。ただ、お父さんの情報が見つかりませんでした。何か事情がありそうです。

 

妹さんの参観日に、親御さんから頼まれ行った時の様子をブログで公開したり、弟さんを探しに自転車に乗っていた時に、交通事故に遭ったり(奇跡的に無傷)と、優しいお兄さんなんですね♪

スポンサーリンク

ユースケさんは、「元気担当」はうそ?

 

ユースケさんは、メンバーの中での「元気担当」だそうですがなぜ元気担当なのかと言うと…

元々が、すごく元気だったからではなく、グループ結成時にはまだ決まっていなかった各担当を自身で「元気担当」と、とっさに言ってしまったと告白していました。また、

実際のユースケさんは、元気と言うより泣き虫だそうです。では「元気担当」ってうそ?(笑)

いえいえ、うそではないですよユースケさんは、超特急で初めて振り付けた曲をうまく踊ることができず、自分の不甲斐なさに悔し涙を流したと言います。

泣き虫と言うよりは、頑張り屋ではないでしょうか、『ネガティブで、自分を責めちゃう』性格みたいですね!

 

 

元気といえば、ユースケさんにはこんなエピソードもあります、もともとアクロバット技が得意だった弟さんに、ユースケさんが色々と技を教えてもらっていたある日、雨の中2人して側転の特訓を行い、仲良く風邪をひいたというエピソードがあります。

その際、妹さんに「2人しておバカ」と言われたとか。う~ん、悲しい!

スポンサーリンク

泣き虫ユースケさんの、素顔

 

お母さん思いで、弟さん、妹さん思いそしてメンバー思い、自分の事よりファンの人の事が大事と考えている。

泣き虫だけど、頑張り屋なユースケさん。 そんなユースケさんですが一時期「元気担当」で悩んだ時期があったようです

一度自分の中で迷走していた時期があったんですよ。「自分は本当に元気担当でいいのかな?」って。ずっと元気でいようとするのは絶対つらいだろうなって。だけど、Wikipediaの超特急のページに「ユースケくんがいつまでも元気であり続けることが元気担当の意味である」って感じの言葉が書いてあったのを読んで、すごい納得して。「やべえ、この言葉キテる、最高にキテる」って思ったんです。そこからはもう、迷いなく元気です。

ユースケユースケ

ユースケ超特急ユースケ

ユースケユースケ

ユースケ

最後にユースケさんの自己紹介コール&合いの手を紹介してユースケさんの素顔を閉めたいと思います。

ご乗車くだせぇ超特急6号車

ひとたび乗ってもらえば

あなたに元気の花を咲かせましょう!

ユーユー?
(ユースケ!)
ユーワナ?
(ユースケ!)

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか、超特急のユースケさんについて調べました。泣き虫だけど元気担当おしゃべりもうまいし、これからもっともっとメディアに出てくるでしょうね。トーク番組にも引っ張りだこになるでしょう。

2018年は、リーダーのコーイチさんの脱退があり超特急のメンバーにとって大変な年になるかもしれませんが残ったメンバーで8号車のみなさんを楽しませて欲しいと思います。

これからの、超特急のメンバーやユースケさんに期待します。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.