高島忠夫現在の病気が原因で死去?息子さんたちのコメントが涙を誘う!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも!ヤスヒロです。

 

2019年6月28日に悲しいニュースが、入ってきました。

 

俳優の高島忠夫さんが、同年6月26日13時1分に自宅で、永眠されたと発表がありました。

 

私が子供の頃翌テレビに出られており、イエ~イ!と元気な姿でたのしませていただかいました。

 

そんな高島忠夫さんが、88歳事を今回のニュースで知り驚いています。

 

長年闘病生活を送られていたので、病気が原因かと思っていましたが…

 

テレビでは、翌奥さんや息子さんと一緒にご出演され仲のいいご家族とみていました。

 

今回は

『高島忠夫現在の病気が原因で死去?息子さんたちのコメントが涙を誘う!』と題して記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク


高島忠夫さんのプロフィール

高島忠夫

数多くの映画・テレビドラマやバラエティー番組の司会などに出演をされていた、高身長で優しいお父さんのイメージがあります。

 

高島忠夫(たかしま・ただお/本名:高忠夫)さんは、1930年7月27日に兵庫県武庫群御影町(現・神戸市東灘区)で、姉妹弟の4人兄弟の長男として生まれます。

 

祖父が大地主で不動産収入があり、お父さんは生涯定職につかなかった家で育ちます。

 

高島忠夫さんは、勉強が出来成績は優秀、神戸一中に進学をしていて同じクラスには、作家の小松左京さんや元社会党参議院議員の國弘正雄さんらがいました。

 

1946年の学制改革により、6・3・3制で神戸一中5年から新制神戸高校3年へと進学します。

 

-が、ジャズの入れ込んでしまい退学。

 

水泳が得意だった高島さんは、退学した翌年に関西学院高等部へ「水泳推薦」という形で編入学をします。

 

芸能の世界には、1951年に当時映画会社の新東宝のニューフェイス「新東宝スターレット」の第1期生として、本名の高嶋忠夫から芸名を高島忠夫として、21歳で上京を果たします。

 

当時高島さんは、歌の才能を見出され、本格的に歌を練習しだしました。

 

1952年の映画『恋の応援団長』でデビュー、身長が185㎝と当時としては高身長で甘いマスクで人気で、同年に『チョイト姐さん思い出柳』で初主演し、以後新東宝で主演級の歌うスターとして大活躍します。

 

現・奥さんの女優の寿美花代さんとは、1961年に寿美さんが司会のテレビ番組『季節のミュージカル』にゲスト出演したことから知り合いとなります。

 

その後2年間の交際を経て、1963年に寿美花代さんとご結婚をしました。

高島忠夫 寿美花代

 

 

日本テレビ系の料理番組『ごちそうさま』(1971年1月11日~1998年3月31日)で長く夫婦で共演していて、私が子供の頃その番組を幾度となく観ていました。

 

 

そんな、幸せな高島さんご夫婦にショッキングな事件が……

 

結婚後、長男・道夫さんが1964年の生後5か月の時に、当時17歳の家政婦によって殺害されるという忌まわしい事件が高橋さんご夫婦を襲いました。

 

 

さぞ悲しく辛い日々を、送られたのでしょう。

 

 

私自身が高島忠夫さんの印象に残っているのは、クイズ番組『クイズ・ドレミファドン!』での司会や『ゴールデン洋画劇場』での映画解説などです。

 

 

 

1970年代半ばには自身の、暴飲暴食による糖尿病が発病。

 

一時はがっしりとした体形が体重120kg近くにまでになり、その後奥さんの献身的な看護で、和食中心の食事にして3年後に体重を70kg台にまで落としています。

 

 

1980年代後半に次男の政宏さん、三男の政伸さんがともに俳優としてデビューをしています。

そのころから芸能一家の代表格として視聴者の方から親しまれ、1993年からは家族4人共演でファミリーコンサートを定期的に開催していました。

高島忠夫 家族

 

 

 

1955年の阪神大震災で、高島さんの実家が全壊してしまいます。

 

現在までの闘病生活

高島忠夫さんは、1997年から1998年まで司会をしていた『ごちそうさま』の司会後退や、実母の死去によるためアルコール依存症や重度のうつ病を発症してしまいます。

 

一度は仕事に復活をしますが無理がたたり再発してしまい、再度療養をします。

 

しかし2003年ごろから徐々に、芸能活動を再開、2007年春から完全復帰しました。

 

以降は家族とともに、うつ病への理解を深める活動を行っていました。

 

 

しかしその後、パーキンソン病を発病、2010年には不整脈の為ペースメーカーを付ける手術をしました。

 

2017年8月に初孫が誕生し、これからおじいちゃんとしてお孫さんとの時間を過ごすはずでしたが、2019年6月26日に老衰で永眠されました。

息子さんたちのコメント

 

上でも書きましたが、高島忠夫さんには俳優の2人の息子さんがいます。

 

次男の政宏さん、三男の政伸さんです。

その息子さん達がコメントを残しています。

 

 

高嶋政宏さんのコメント

病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ケ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。

 

高嶋正伸さんのコメント

父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます。

 

共に、お父さんの高島忠夫さんに対して、ありがとうの気持ちとお父さんのファンの方々への感謝の気持ちをコメントとしています。

 

私も、2年前に実父を亡くした身なので、お二人の気持ちがよくわかります。

 

最後は、看取れなかったように感じますが、それだけが悔いに残るかもしれませんね。

 

私も看取ることが出来ず、しばらくは悔しい気持ちでいっぱいになりました。

 

まとめ

 

2019年6月26日に、俳優の高島忠夫さんが老衰のため88歳で、永眠されました。

 

通夜・葬儀告別式はご遺族の希望により2019年6月27日に、ご家族のみで密葬を執り行われました。

 

また、お別れ会の予定は、無いとの事です。

 

 

 

謹んで、お悔やみ申し上げます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2019 All Rights Reserved.