山崎夕貴・おばたのお兄さんの浮気に耐え結婚!お子さんはいつ頃?

 
WRITER
 
山崎夕貴 おばたのお兄さん
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!おはようございます、yasuhiroです。

みなさん、おばたのお兄さんをご存知ですか?彼がフジテレビの山崎夕貴アナウンサーとご結婚される事が分かりました。

おめでとうございます!

おばたのお兄さんの浮気を乗り越えての寛大な山崎夕貴アナウンサーとのゴールイン、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

タレントおばたのお兄さんってどんな人?

おばたのお兄さん

おばたのお兄さん、本名は小幡 和貴(おばた かずき)は、1988年6月5日 生まれの29歳。出身地は新潟県魚沼市。身長166cm、血液型はB型。新潟県立小出高等学校から、日本体育大学・体育学部卒業をしています。

彼はスキーインストラクター・体育分野の教員免許を持っていてスキーでは、かつて新潟県地区強化指定選手にもなっています。同級生には、体操の内村航平さんがいます。

池田直人さん(現・レインボー)とのコンビ「ひので」を結成し、2013年にデビューをしました。お笑いバトルコロシアム2014では優勝をしています。

 

しかし、コンビは長く続かづ2016年1月31日に解散。解散後は、当初の芸名を「おばたかずき」とするが、その後しばらくして「おばたのお兄さん」に改めて活動をはじめた。

私が、おばたのお兄さんを知ったのは、小栗旬さんのモノマネをされているのを見たことがありその印象が強く残っています。

 

ところで彼は、ひのででの元相方の池田さんのことについては「むちゃくちゃ嫌い」と話しています。また、一方では池田さんも、「おもしろ荘」で優勝した時にスタッフからおばたさんの事を訊かれても係わるのを拒否するほど嫌っているという。

何があったのでしょうか?調べてみると、

ある日突然、相方の池田直人さんに呼ばれて、スタバに行くと理由も告げずにコンビを解消したい。と言われたそうです。

おばたのお兄さんは、その時の事をこのように告げています。

「ある日突然、相方からコンビ解消を告げられた。その時の芸人の顔は怖いです。」と

その時の画像も公開していました。

おばたのお兄さん

せめて理由は言ってほしいですね。(あとで、きちんと言っているかもしれないですね。)

アナウンサーの山崎夕貴さんってどんな人?

山崎夕貴

山崎夕貴(やまさき ゆき)さんは、1987年8月4日に岡山県倉敷市にて生まれました。2018年現在は30歳。身長は162cm、血液型はO型。倉敷市立東陽中学校、岡山県立倉敷天城高等学校、岡山大学経済学部を卒業しています。

2010年フジテレビに入社した彼女、就職するまで上京したことが無かったようで、東京に慣れるまでは大変だったでしょう。

アナウンサーを目指すきっかけは、彼女が岡山大学時代の2007年に、第25代倉敷小町(親善大使)に選ばれて活動していました

この時の仕事で出会った地元の放送局のアナウンサーに憧れたのがきっかけだったようです。彼女は、英語検定2級、日本漢字能力検定2級、書道10段の資格を所持している才女なんですよ。

 

彼女が、俳優、小栗旬さんのものまねでブレーク間近の、おばたのお兄さんこと、小幡 和貴さんにほれ込んだようです。

2017年5月に交際をスタートすぐに交際宣言をして世間を驚かせました。そんなラブラブだったのですが…

 

おばたのお兄さんの、浮気が発覚!その時彼女は?

 

2017年月6月、交際早々におばたさんがファンと浮気していた二股騒動が発覚これまた世間を騒がせました。

おばたさんに浮気をされた、山崎アナは、先輩女子アナや芸人たちから交際を“反対”されました、一時は破局説も流れていましたが、山崎アナのは変わらなかったのです。

なんて、心の広い人なんだろうか。そんな彼女の姿を見たおばたさんは、彼女には、常にスケジュールを報告するなど“真面目なお兄さん”として頑張っています。

私としては、最近聞いたトレンディエンジェル斎藤 司さんが、奥さんに自身の誠意を見せる為、Iphone Xからラインが出来ないキッズケータイにグレードダウンさせた位の事もしてほしいですね♪

おばたのお子さんは、いつ頃?

 

今回、今のところは、できちゃった婚の話は出ていないので、お子さんは先の話になるかと思います。

でもお子さんが誕生されたらやはり、おばたのお子さんと言われるでしょうね♬

可愛いお子さんを、期待しています。

 

まとめ

いかがでしたか、小栗旬さんの物まねで有名なおばたのお兄さんこと小幡 和貴さんと、フジテレビの山崎夕貴アナウンサーが、ご結婚されるという記事を書かせて頂きました。

小幡 和貴さんと、山崎夕貴さんが、これから末永くお幸せに暮らしていけるようにお祈りいたします。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.