米津玄師 社長が彼女との噂は本当?画像を調べてみました!

WRITER
 
米津玄師
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも!です。

 

シンガーソングライターとして話題の、米津玄師さんですが最近彼女の存在が噂されています。

 

その彼女はまだ米津玄師さんがハチという活動名の時から彼の才能を見抜いていました。

 

そんな彼女が、米津さんの彼女ではないかと気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

米津玄師さんのプロフィール!

 

 

View this post on Instagram

 

米津玄師 kenshi yonezuさん(@hachi_08)がシェアした投稿

 

彼、米津玄師(よねづ けんし)さんは、1991年3月10日生まれの27歳。

 

 

出身地は、徳島県徳島市と意外と関西人なんですね。なぜか親近感を覚えました。

 

身長は、188㎝で血液型はO型。凄く高身長なんですね。

 

 

 

小さい頃の彼は、コミュニケーションが苦手で、孤独を強く感じていたようです。

 

 

小学生の5年生ごろには、すでに孤独を感じていて生きずらささえ覚えるようになりました。

 

 

当時そんな米津さんは、自分の頭の中で架空の人物と会話をすることをしていたそうです。

 

 

小学生高学年の頃そんな彼は自身の表現方法を言葉ではなく、音楽で表現する方法を取り入れだします。

 

 

しかし当時、流行していたインターネットを利用してFLASHアニメーションに出会った時に、今までの音楽に対する意識が変わったそうです。

 

 

 

 

そして米津さんは、中学3年生後半からMTRマルチトラック・レコーダー(多重録音機)』を使用してのオリジナル曲の制作を始めています。

 

 

そのころ『late rabbit edda』というバンドを結成し、2008年には10代限定ロックフェス第1回「閃光ライオット」に応募、1次審査(デモテープ音源)を合格するも、2次審査(スタジオ審査)で落選してしまいました。

 

 

しかし彼は当時のバンド活動をなぜか楽しくないと、次第に家に引きこもることが多くなってきて1人で音楽の制作をし始めます。

 

 

当時はまだ「ハチ」という名義で活動、約30曲程度の本人歌唱のオリジナル曲をニコニコ動画などに投稿していました。

 

-が、そののち全てを削除してしまいます。

 

理由として彼は

 

「自分が影響を受けたものの色がものすごく濃く出ていた。」

「聴くと納得がいかないことが多くてすごく恥ずかしくなってきた。」とコメントをしています。

 

 

 

徳島県立徳島商業高等学校を卒業後、大阪の美術専門学校に通いながらバンド活動をしていた彼、この時はベースボーカルを担当していました。

 

 

2009年5月より、バンド活動と平行して、合成音声VOCALOID(ボーカロイド)の初音ミクMegpoid(メグッポイド・音楽製作用のボーカル音源)を用いてニコニコ動画へオリジナル楽曲の投稿を再開しています。

 

 

「マトリョシカ」「パンダヒーロー」等のミリオン再生を越えるヒット曲を数多く生み出していました。

 

 

引用:You Tube

 

 

またこの頃に自身のブログ「電子帖八番街」(当時の名称)で『WebMoney Award 2009』「enjoy. Award 2009 ダイヤモンド賞」を受賞。

米津玄師 WebMoney Award

 

 

 

2010年2月7日にハチ名義で「花束と水葬」を、11月14日には「OFFICIAL ORANGE」を発表しています。

 

 

 

 

 

 

当時を振り返り米津玄師さんは、こうコメントしています。

 

人と繋がれない部分っていうのは自分の音楽によく還元されていると思う。その当時は不安だとか、怒りだとか、学校生活を送るにあたって色々な感情があって、(略)そういう感覚があったからこそ、今の自分があるんだろうな

引用:『billboard JAPAN』2017年

今の彼の音楽性はこのころの経験というか、感情が反映されているんでしょうか。

 

 

その後も数々の音楽作品を制作し、全てにおいて若者たちからの絶大な人気があり、記憶に新しい2017年自身が作詞・作曲・楽曲プロデュース・ボーカルとして参加したDAOKOさんの3rdシングル『打上花火』がリリースされました。

 

 

同年8月公開した劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に、この楽曲は1年を通してヒットチャートへの上位ランクインを続けています。

 

 

DAOKOさんの記事も以前に書いています、もしよろしければご一読お願いします。

DAOKO・NHK紅白初出場!気になる彼氏やネットでの反応は?

 

スポンサーリンク

米津玄師さんを献身5年・女性社長の存在

 

 

米津玄師さん18歳、“ボーカロイド・プロデューサー”として注目される存在になった約6年前。

 

 

彼の才能を見抜いていたのが、当時大手レコード会社の宣伝担当をしていた、まだ20代の女性でした。

 

 

米津さんが18歳か19歳で、彼の才能を高く評価した女性が20代ですから、少なくとも年上の女性となりますね。

 

 

そして今から5年前の2013年春には、その女性は米津さんの才能に期待をして彼の事務所を設立彼女自身が代表取締役として活動をスタートさせました。

 

 

まず彼女が米津玄師さんに提案したことは、“ハチ”名義で活動を改め、本名・米津玄師でのアルバム制作をすることだったそうです。

 

つまり、彼自身の名前で活動をすることだったそうです。内向的で、ライブが苦手だった米津さんにとって生のライブは相当の苦痛ではなかったでしょうか。

 

 

しかしそのライブの重要性を教えたのが彼女でした。

 

 

今の米津玄師さんが存在するのも、18歳の彼の才能を当時に見抜いたこの社長のおかげではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

その女性社長が、彼女?

 

米津玄師さんの、深夜デートの情報が入ってきました。11月中旬の夜11時過ぎ、都内の大通りでタクシーを停める長身の男性がいました。

 

 

それが、米須玄師さんだったのです。彼の横にはベレー帽をかぶった、可愛らしい女性の姿も一緒に目撃されていました。

 

タクシーで向かった先は、芸能人御用達のカフェレストラン。

 

 

3時間ちょっとを店で過ごし、深夜2時半ごろ、ようやく出てきた米津さんの横には、その20代の女性が立っていました。

 

その女性は、デビュー当時の中川翔子さんに似た可愛らしい、笑顔が特徴的だったようです。

 

米津玄師

恋人同士のように寄り添うように見える、2人。

 

しかし、この画像だけでは女性社長とは言えませんよね。また米津さんよりも年下にも見えますので女性社長ではなく、ただの友人か、または本当の彼女なのか判断に苦しみます。

 

 

そして、11月下旬に米津さんのマンションから出てきた女性社長は、きっぱりと断言しています。

 

宿泊したことはありませんし、長時間いたこともありません。私は自宅に帰っています。ここは作業場で、あくまで私は彼の音楽が成功できるようマネージメントをする立場なので確認しなければいけないことがあるんです。電話ではできない話もあり、夜中でも確認しに来る場合があるんです

 

あくまでも、仕事関係だとコメントをしています。

 

米津さんは3年前の7月、『鬱を煩っていたことがあって、その間は最低な生活を送ることが多かった』とブログで告白していました。

 

そんな米津さんをサポートしているのが、女性社長なのでした。

 

 

上の画像は、社長ではない可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今や超人気の、米津玄師さんの深夜のデート報道があり、噂の女性社長かと調べてみましたがどうやら違うようでした。

 

女性社長は米津さんより年上、今回画像で米津さんと一緒にタクシーに乗り込んだ20代くらいの女性は別人だと私は思いました。

 

どちらにせよ、米津さんが楽しそうにしているのであれば余計なお世話ということでしょうね。

 

 

でもこの女性の事が分かれば、またここに追記はしたいと思っています。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© yasuhiro-recolog.com , 2018 All Rights Reserved.